オナ禁の効果で発毛?髪質の良くなるコツとは

オナ禁の効果で発毛?髪質の良くなるコツ

オナ禁の効果には髪・発毛に良いとされていいます。
続ければ心配だった頭も不安は無くなりますし、メリットばかりです。

 

 

ではなぜ髪に良いとされているのか?
その根拠を解説したいと思います。

 

 

原理を知ることで効果的に続けることが出来ます。
「あるポイント」を知っておかないと意味がないことだってあり得ます。

 

 

まずはその科学的根拠を説明したいと思います。

 

 

オナ禁が髪質によい理由

なぜ良いのかと言いますと「射精をしないから」です。
精子を出さないことが重要です。

 

 

よくオナニーをしすぎると禿げると聞いたことありませんか?
あれって結構本当のことで、ただのウワサではないのです。

 

 

精子を失うということは作らなければいけませんね。
体内で精子を作るにはエネルギーを消費します。

 

 

そしてエネルギーは1日に使える量はもちろん決まっています。
だから飲み過ぎた日や働きすぎた日、ストレスを多く受けた日や次の日は身体がだるく感じるのです。

 

 

なぜなら使えるエネルギーが決まっているので「回復しきれていない」からです。

 

 

そしてオナ禁と関係があるのは「精子を作る」という事に関してです。

 

 

エネルギーを使う順番には優先度があって・・・

 

 

・生命の維持に関わること
・生命の繁栄に関わること

 

 

こちらを優先します。

 

 

なので精子は優先的に作られると言ってもいいです。

 

 

では髪はどうか?

 

 

生命の維持にも繁栄にも関係ありません。
「無くても生きていけるから」です。

 

 

優先度は低く「余ったエネルギー」で作られます。

 

 

つまり、余らなければ作られないということになります。
ここがポイント。

 

 

 

精子を作る必要が無い分、髪質にいくのです。
これは肌にも同じことが言えます。

 

 

肌も生命にはあまり関係ないので後回しです。
ストレスが溜まっていると肌が荒れたりするのはこのせいですね。

 

 

オナ禁まとめ

・精子を作る必要が無い分、ほかにエネルギーが使える
・髪や肌などは優先度が低い

 

 

気をつける点

 

 

じゃあオナ禁すればいいんだな!と思うかもしれませんが気をつけるべき点があります。

 

 

日々のエネルギーの使い方についてです。

 

 

先ほども言った通り、1日に使える量は決まっているので「どう使うか」によります。

 

 

日ごろからストレスを感じていたりすると消費してしまうのはもちろん

 

 

 

「食事によってもかなり変化」するのです。

 

 

 

消化という行為はすごいエネルギーを消費します。
ご飯を食べると眠くなったりしますよね。

 

 

あれは脳が体を休ませようとしているからです。
それほど負担が大きい。

 

 

 

ということは、普段から食べ過ぎている人はヤバイということが分かります。
髪や肌にパワーが行かない状態。

 

 

 

オナ禁の効果で発毛や髪質の変化を期待しているかたは気をつけて下さいね。

 

 

身体は正直です。
鍛えてやればどんどん筋肉がついてムキムキになりますし
オナ禁をすればパワーが漲ってきます。

 

 

逆に睡眠不足や食べ過ぎ、ストレスを感じまくっていると不調が続きます。

 

 

オナ禁と健康は切っても切れない関係です。

 

健康的に行うことで凄まじい効果を体感できます。
それには栄養があると尚良いです。

 

 

筋トレにプロテインのような感覚。

 

 

亜鉛やマカを取り入れると更に効果もアップします。

 

 

 

ただ日数を重ねるだけでなく、このコツを取り入れてやってみて下さい。
きっと満足のいく効果を感じていただけると思いますよ。